5. なぜ、鯨なのか 
Why whales restaurant ,now? 
 
 
かつて日本人にとって鯨は、その美味しさだけではなく、
大きな体と強い生命に不老の力が宿るされる特別な食材でした。
 
Whales were originally the special food which people used to believe it has a strong power and we can live forever by eating it.
 
 
 
 
 
遥か昔には皇族や戦国武将への貢物として、
近世ではハレの日や四季の節目に身体を労(いた)わる滋養食として。
 
People used to give whale meats to the emperor and samurai leaders as a special gift long ago. Modern times, people used to give them to eachother when season shifts to keep them healthy.
 
 
 
 
 
命を頂戴する悦びの象徴に誰もが憧れた、
そんな、単に食べる以上の意味を持った別格の御馳走だったようです。
 
They seemed to be more than just a food which people all adored as the symbol of joy.
 
 
 
 
 
そして、かつて日本で鯨を捕ることは、
自分たちの海だけで行われるつつましい営みでした。
自然に感謝と畏敬を捧げながら、必要な分を、力をあわせて獲り、分かち合う。
 
And whaling used to be the small business operated by man power. People used to cooperate and share whale meats with respect appreciation for nature.
 
 
 
 
 
かけるのは男たちの命だけ。
捕鯨は、山を伐らず、野を焼かないサステナブルな漁業の原型だったと言えるでしょう。
 
They only devoted their lives; they didn’t have to destroy anything natural like deforestation. Whaling is the prototype of sustainable fishing industry.
 
 
 
 
 
しかし近代以降、捕鯨技術の進歩は、
日本の「鯨を捕り、食べる文化」を、真逆に変えてしまいました。
経済合理性を追求するあまり、鯨を乱獲し、その命を極めて粗末、残酷に扱かったのです。
 
However, whaling after modern times completely changed. They caught too many whales for economic effectiveness and did not appreciate them enough.
 
 
 
そして、自然動物保護の機運が高まり、反捕鯨活動の圧力が高まると、
その深い闇を隠すように、
 「日本人は鯨を余すことなく食べてきた」
というステレオタイプのプロパガンダが繰り返し行われました。
 
To conceal the fact, people gradually made the propaganda that “Japanese have been eating whales without wasting any.”
 
 
 
 
 
  少し、話を変えて─
 
 
 
  By the way, we talk about other story ─
 
 
 
 
 
 
 
かつて、レストランとは「身体を癒し、元気を養う場所」であり、
その起源は「命がけで荒野を乗り越えてきた旅人に、
肉と野菜をじっくりと煮込んだスープを与えていた事」に端を発します。
 
Restaurants used to mean “the place to get healed and energized.” They were originally the place to serve the travelers, who risk their lives, nutritious soup with a lot of meat and veggies.
 
 
 
 
 
私たち人間の前進の歴史には、常に過酷な戦いが伴いました。
それを労(ねぎら)い支えてきたのは、いつの時代もあたたかく滋養に富んだ手づくりの料理であり、
それこそが人間が人間たる、最も大切な所以の一つなのではないでしょうか。
 
Our human history always included severe competition and we think it has been always nutritious hand-made meal to support it. We believe this is one of the most important things to have as human being.
 
 
 
その戦いの果て、人類有史以来、最も豊かで平和な社会の一つを築いた現代日本には今、
街には外食チェーン約5万店、コンビニ約5.5万店、スーパー2万店がひしめき合い、
凄まじい数の工業製品のような食品が生産され、毎年600万トンの「食べられるもの」を廃棄しています。
 
As the result of competition, we made one of the most abundant societies with 50.000 chain restaurants, 55.000 convenient stores and 20.000 grocery stores. We produce a significant amount offood and waste 6 million tons of food per year.
 
 
 
 
 
これが、目指すべき社会なのでしょうか。違うはずです。
では、なぜそうなってしまったのか。
 
Is this really the ideal society? Obviously not. Then how did it happen?
 
 
 
 
 
食べる(命を奪い頂く)事。自然と共に生きていくこと。料理をしてもらう(あげる)という事。
それらには面倒で大変、かわいそうな事や申し訳ない事、辛い事、命を失う可能性のある恐怖を含みます。
 
Eating; taking their lives, living with nature, and cooking always include something troublesome andmakes you feel sorry, and fear to lose your life.
 
 
 
 
 
平和で豊かな生活を完成させようとする事が、
それらの根本や過程の部分を排除(目を背け、逃げ、見えないように)し、
便利で快適な結果ばかりを追求する(経済を成長させる)事にすり替わってしまったからではないでしょうか。
 
Trying to make the affluent and comfortable lifestyle made us not to see the fundamental process and seek further economic growth.
 
 
 
鯨を捕り、鯨を食べる営みは、今この時代にあって、前述のあらゆる要素、罪の歴史も含みます。
 
Catching and eating whales contains all the hidden aspects above and even the history of guilt.
 
 
 
だから、疎まれます。
しかし、切っても切り離せるものではない。
それは、私たち日本人にとって鯨は、
この先も、どんな形であれ自然と共生していかなければならない事そのものであると、
本能的に理解しているからに他ならないように思われます。
 
That’s why it is hated. But we cannot completely remove it because Japanese people instinctivelyunderstand we have to coexist with nature and whales are the part of it.
 
 
 
 
 
だからこそ他でもない「鯨を捕り、鯨を食べる営み」の、
過去の過ちを含めた様々な要素に改めて目を向け、その上で、これからの時代にふさわしい、
誰もが納得する、誰もが愛してやまない「鯨を捕り、鯨を食べる営み」の在り方を再構築しなければなりません。
(伝統や文化だから、ではなく、美味しいから。
 人々を元気に、笑顔に、幸せにした結果として受け入れられ、受け継がれる形)
 
他でもない鯨であればこそ出来る可能性があり、
そして、鯨でそれを成し遂げる事こそが、鯨だけではない、
現代の日本の食を取り巻く状況そのものに反旗を翻す狼煙となるはず、と考えています。
 
Therefore, we believe we have to pay attention to whaling again that includes even our past mistakes to recreate the ideal lifestyle that all of us love and understand. We don’t think we should keep whaling just because we have to respect culture and tradition. We strongly believe whaling has the possibility to make our food lifestyle more appropriate.
 
 
 
 
 
ヒミツクジラは、そのレジスタンスの同志達が夜な夜な集うアジトにして、セーフハウスなのです。
 
Himitsu-kujira is the safe house and hideout for the comrade who join resistance. 

 

  Read again...

 

IMG_2478.jpg