4. 本物の料理人 
 
 
「理(ことわり)を、料(はか)る」と、書いて「料理」ー。
 
その食材を理解し、最適な形に拵える事。
技術と知識、手間暇によって自然の恵みを 「美味しく」 し、
尚且つ「食べる人の滋養と健康を増進させる事」 の専門家、それが料理人です。
 
その為に若い時分から修練を積み重ね、
休日には産地や生産者を訪れ、早朝から市場に出向き、
時間が空いては専門書を読み漁り、時には他の料理人と情報交換や議論を交わす。
日々一途に食べ手を想いながら料理を考案し、寝る間を惜しんで準備を重ねる。
いざお客様を迎えての本番では、八面六臂の動きで注文の嵐をこなす。
  
それ故、日本ではブラック職の代表格のようになっていますが、
本来、海外、特に欧米では、例えば消防士や軍人のように、
自己犠牲精神を人々から尊敬される、名誉ある職業なのです。
 
そうした、料理人のあるべき姿(に対する敬意)や、
そのDNAを受け継いだ職人が自然と集い、安心して料理人であり続けられる、
あり続けたい(料理人になりたい)と思う事ができる場(舞台・チーム)を目指します。

 

 

  Read more...