News / Blog

2018-04-11 11:23:00

時折東京の量販店で見かけることもある「こごみ」とは別物。

緑色のこごみは、正式名称「クサソテツ」。
一つの同じ株からまとめて生えてくる。

赤こごみは正式名称「キヨタキシダ」。
一本づつしか生えてこないので、別名「いっぽんこごみ」とも。

kiyotakiSida01.jpg
成長するとこんな姿。
完全に恐竜の時代の植物...


77B2EAE1-BF9B-4DB5-8474-7748068F14E2.jpeg
クセや渋みがなくあっさりしているので、おひたしに。

 

味わいは基本的に淡く、たん白…なんですが、得も言われぬ旨味というかコクが…
そしてサクサクした歯触りと、ほんのりと感じる粘りっけ。
箸が、箸が、、、と、とまらない!!!

自分用にも200g(結構な量/男性の両手で山盛り)買いましたが、全く足りません。
一晩もちませんでした。
お店の分が売れ残るのを願うばかりです。


閑話休題

この赤こごみ、山形の方からお譲りいただきました。
重用されるのは山形が中心で、例えば隣接する宮城では殆ど知られていないようです。
同じ山深い地域の、隣接する場所でも、食文化に差異があり、
それゆえ、赤こごみは此れまで「幻の山菜」であったわけですが。

車が発達し、山の奥深くにも入りやすくなり。
山に人が増え、交流と情報交換が進み。
物流が発展し、都市部にも運ばれるように。
かすかな手がかりさえあれば、インターネットで調べ、こうやって手配できる。
なんてすごい時代に生まれてしまったんだ。
おかげ様で、私はこうして真夜中の赤こごみ祭りができるわけですが。
そこにもきっと意味がある。
それを、店を通じ、妻や息子、仲間と一緒に探求し続けるのでしょう。
街も皆も寝静まった夜更け、こごみの可愛いくるくるを見ていたら、ふと色々感慨がわいてきたこの頃です。