News / Blog

2018-06-18 21:04:00

大阪で困難な状況にあられる皆様もいらっしゃる中で不謹慎とは存じますが、
お問合せを頂いていることもあり、以下ご報告で掲載させて頂きます。

-----


久しぶりのランチにお越しくださいました皆様、ありがとうございました。

写真は特製 鯨カツ丼 1,800円。

 ・房州産 ツチ鯨背肉
 ・温泉シチューパンで有名な箱根 渡邊ベーカリーさんのパン粉
 ・特製のタレ(中身は秘密)
 ・三芳村の、今が旬の新玉ねぎ
 ・羽釜で炊いた三芳村の無農薬天日干し米
 ・そのお米の糠を食べ、そのお米の籾殻の上を走り回った平飼有精卵


一つの丼に、私たちのこだわりを凝縮しました。

ちなみに、通常のカツ丼のように、カツと卵と一緒に煮ません。
揚げたてのサクサク感と、パン粉の香ばしさと鯨肉のマッチングを楽しんで頂く為です。

大絶賛を頂いたので、今週も連投を検討しています。

 

今回の汁は、千倉港直送の活〆鮮魚(鯒と平目)のアラで。
下茹でをし、一つ一つきれいに掃除した後、地酒でじっくり炊き込みました。
682A0F11-C9D9-4AAE-AFCE-DD4C82647269.jpeg



サラダは自家製のフレッシュドレッシングで。
三芳村の新人参と新玉ねぎたっぷり。
597DF2D7-A284-4F47-9B0A-C9D7091512F9.jpeg



三点盛は

 ・三芳村の切干大根と椎茸の煮物
 ・岩手大槌町のリクゼンイルカのしぐれ煮(お茶漬けにしたいくらい、臭みがありません)
 ・自家製 糠漬け(糠も三芳村産です)

05B540F5-18EB-43BA-9CD8-DE3C36036FF6.jpeg



もう一つの献立は、漁期中のツチ鯨の、
解体したて無凍結鮮肉のレアローストステーキ膳 2,400円
D844F1E0-7C65-401E-96F7-07C5553577F7.jpeg







念のために、もちろんですが、
ランチだからと言って食材や調味料のランクを落とすことは一切していません。

できるだけ一つ一つの調味料などのご紹介もさせて頂いていますので、
「そんなのあったんだ! 取り寄せしてみよう!」とお楽しみ頂ければ幸いです。

では、また今週の土曜23日もよろしくお願いします。