お知らせ / 徒然

2018-10-24 16:19:00

更新が滞り恐れ入ります。
また、Facebookページが見れないというお問い合わせを頂戴しましたが、
設定を変更し復旧致しました。(セルフチェックでは閲覧できました)
もし見れない場合には、検索で複数ヒットするページを、
いくつかクリックしてみて下さい。



さて、お知らせです。
メニューをリニューアルしました。

 

 1. ランチ(土曜限定)
 2. ディナータイム(18:00 - 20:30 LO)
 3. バルタイム(21:00 - 23:00 LO
 4. 季節の特別メニュー
 5. テイクアウト、お土産
 6. 予約限定のスペシャルコース
 7. ドリンク
 8. 日本酒リスト


上記、8項目に分かれています。
ご参考にして頂ければ幸いです。

スペシャルコースの、
「日本酒ペアリング付(おかわり OK)、
 鯨をみんなで食べてみようコース」
これまで試験的に開催してまいりましたが、
この度正式にスタートしました。
大変お得で、ご好評頂いています。是非、ご利用ください。


なお、アラカルトの一部値段が変更されていますが、
一皿の量をご希望に応じて調整させて頂きました。
(例:刺身盛が充実していて、満足してしまう!等


今後ともよろしくお願い申し上げます。

-----

写真は、とある特注のお刺身盛。
こうしたオーダーも臨機応変に承ります。
お気軽にご相談ください。

オーダー主は、
某 「世界で活躍されているロックバンドのリーダーさん」。
クジラ肉の玉手箱をイメージしました。

 

目玉はこの日のために用意しておいた、一番赤い、釧路のミンク鯨。
氷水の中で(浸水しないように密封し)重力のダメージを最小限に抑え、
無凍結の状態で約2か月間熟成。
艶めかしい、大人な味わいに大変感激頂きました。

こうしたスペシャル物もご用意できる場合があります。
詳細は都度都度お問い合わせください。

2018-10-08 17:14:00


本日の10/08体育の日はお休みとさせて頂きます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

2018-10-06 10:48:00

昨週ランチ15回記念、鯨カツ丼祭り、たくさんの方々にお越し頂きました。ありがとうございます。

ご都合のつかなかった皆様からも「また食べたい、カツ丼を定番化してほしい」とのご希望を賜りましたこともあり、今後のランチは「究極の鯨カツ丼」を定番として実施していきます。

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

閑話休題

写真はカツ丼とは関係ないのですが、ディナータイムの人気メニューです。釧路の本生無凍結ミンクを、生でも美味しい房総の韮と共にヅケにして、韮を巻き巻き。薬味は、日本で一番おいしい鰹節を削りたてで。是非ご賞味ください。

 

2018-09-26 12:04:00

9/29(土)のランチのお知らせです。

ランチもいよいよ第十五回を迎え一区切り。
という事で、イベント開催いたします。
これまでのメニューで人気投票1位「鯨カツ丼」祭りです!

毎週カツ丼を食べ続けて下さったあの方に感謝を込めて。
まだこの感動を体験されていない方に召し上がってみて頂きたくて。

第15回という事で「1500円(税込)」で提供させて頂きます。

すべてにこだわりぬいた鯨カツ丼、是非ご賞味ください。
必ず「土曜、至福の昼下がり」をご堪能いただけるはずです。

 ・鯨:房州ツチ鯨 背肉ロース(刺身用の部位)
 ・米:
南房総 三芳村 無化学肥料無農薬はさ掛け天日干し米(釜炊き)
 ・卵:上記の米ぬか&籾殻で育てられた平飼有精卵
 ・揚油:国産無農薬なたね油(薪火焙煎→石臼挽き→和紙ろ過)
 ・胡麻:香川県産 無農薬 金胡麻
 ・パン粉:箱根 渡邊ベーカリー温泉パン粉
 ・調味料:国産原料を用いたむかしながらの手づくり品のみ

どうぞよろしくお願い申し上げます。

2018-09-24 11:58:00

本日9/24、秋分の日の振替ですが営業いたします。

天高く、馬肥ゆる秋。
写真は本生無凍結 熟成ミンク鯨(釧路)のローストレアステーキ。

表面だけをフライパンで香ばしく焼き上げ(メイラード反応)、直ぐに厚手のアルミホイルに包み込み、炭火の上を転がしながら「肉に火が入れているのをバレないように」のイメージでローストしていきます。鯨肉は水分を多く含むため、その水が熱の触媒になるせいか、ある瞬間から急激に火が入ってしまいます(タンパク質が変性)。そうならないように、説明のようにじっくりやさしく調理すると、肉の切り口がの表面がしっとりとした舌触りに、やさしくふっくらとした旨味になります。ご家庭ではオーブントースター等でも応用できる技ですので是非お試しください。

いずれにせよ、冬に向け、鯨でしっかり滋養をつけて頂ければと存じます。

-----


今日の蘊蓄 ①

秋分の日は「旧暦の秋分」に合わせています。
つまり、本来の日本の暦上は8/13(葉月十三日)が秋分になります。
昼と夜の長さがほぼ等しいが、厳密には昼が若干長い。そんな日です。
ちなみに、占星術では秋分が天秤座の始まりです。
占星術の礎となる黄道十二宮(古代バビロニア~ギリシアが起源)と、二十四節気(中国華北地方が起源)が同じ区切りのためです。

今日の蘊蓄 ②
中国の話題を前述しましたので、もう一つ中国ネタで。
冒頭で書きました「天高く馬肥ゆる…」といいますと、

「澄んだ秋晴れの高い空の下、
 農作物や山の幸も豊かに実り、
 馬もたくさんそれらを食べて肥え太る平和な時季」

こんな意味を想像すると思いますが、
本来は中国古代 ”後漢時代” に編纂された「漢書」における
「漢書匈奴伝」の「匈奴至秋、馬肥弓勁」という一節に由来します。

読みは「匈奴、秋に至れば、馬肥えて、弓強し」といったニュアンス。
匈奴は当時の漢民族の天敵。北方の騎馬民族です。
匈奴は秋になると、肥え太らせて鍛えた馬に乗り、強い弓で攻めてくる。
冬になると遊牧民族は食料に困りますから、秋に収穫した豊かな恵みを奪いにくる。

いい季節ではあるのですが、必ずしも、良い事だけではない。
物事には裏と表、光と闇があるという好例です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...