お知らせ / 徒然

2018-09-22 01:09:00

本日9/22(土)のランチは臨時休業を頂き、
来週9/29(土)に第15回スペシャルランチとさせて頂きます。
15回目という事で一区切り。
特別イベントを予定していますのでご期待ください。

夜は通常どおり18時~開店です。
新物の栗と、三芳村の新米(無農薬/天日干し)を用いた「鯨と栗の、釜炊き込みご飯」が登場します。
一部除き御席余裕ございます、
ご予約お待ちしております。


-----

写真は先日お知らせした、
突きん棒漁(岩手大槌町)の女梶木(メカジキ)のお造り。

銛で突く漁自体は、遥か古代縄文時代にも行われていたようですが、突きん棒漁として完成するのは江戸時代の頃。鯨漁の銛打ちが原型となったとされています。

かつては、その勇壮な姿に加え、一獲千金の収入の高さから男性の憧れの仕事だったようですが、現在は全国でカウントしても100隻程度。

「男なら、3日突きん棒やれば、もうやめられない」と言われる伝統の漁。男の本能を呼び醒ますのでしょう。その姿は、TBS「情熱大陸」で特集された三陸の中居兄弟の生き様でも大きな反響を呼びました。

現在は電気銛式なので、狩るほうも狩られる方も負担が少なくなったようですが、かつては大物との格闘となると10時間を超す場合も多かったようです。

そう、血が滾るのです。
誰が何と言おうと、これに魂が揺さぶられなかったら男じゃない。

ですが前述の通り現在は100隻を残す程度。

昭和40年代から始められた大規模な流し網漁や、巻き網漁によって乱獲され、一気にその姿を消してしまいましたが、今でも頑なに継続されている…というか、継続される、継続させたいという「強い何か」があるのだと思います。

自分の腕と勘(そして命)だけを頼りに、大海原に漕ぎ出し、目先の利益に踊らされず、決して乱獲することのない漁法を続ける漁師さん達に、只々畏敬の想いを抱くばかりです。

突きん棒漁の様子はyoutubeでも閲覧できます。
コチラ

2018-09-20 12:11:00

千葉県 旭市はマッシュルーム産出額日本一位。
生産量ではなく、産出額。
つまり高く売れる=品質が高い、という意味です。


キノコに必要な温暖な気候と、近隣の馬の牧場から納入される藁を用いた有機たい肥で栽培されるため、ほのかに甘く、きのこの味が濃く、独特の食感があり、フレンチレストラン等から高い評価を受けているとの事です。

 

マッシュルームの肉詰めフライ。
釧路産の無凍結生のミンク鯨背肉を包丁で挽き、プリッとしたマッシュルームに詰め込みました。1人前 1100円。

マッシュルームは通年栽培なので季節は関係ない…のですが、やっぱりコオロギ等の声を聞きながら秋に食べるキノコは、何だか美味しいです。

2018-09-19 15:58:00
北海道は釧路沿岸(調査捕鯨)無凍結本生ミンク鯨です。
無凍結本生の鯨の取り扱い量、全国No.1仙台水産様より直送頂きました。

築地にも入荷するので、
この時期は百貨店では三越さん、
銀座や麻布の鮨屋さんでも見かける事があると思いますが、
「鯨食うなら、やっぱり根津のヒミツだよね」
とおっしゃって頂けるように頑張ります。
当店では独自の熟成庫(氷室)を用いた、水中氷結温熟成を施しています。

提供の期間は10月中旬~末の計画です。
漁の時期自体は9月いっぱいですので、
月末の最終捕獲分を熟成させながら、と考えています。
 
よろしくお願い申し上げます。
2018-09-15 06:42:00
おはようございます。
本日第14回土曜日限定スペシャルランチは、
ちょっと嗜好をかえて、お魚さんです。
(鯨カツ丼もやります)
 
伝統の突きん棒漁で獲れた、
岩手 大槌町 本生メカジキ(130kg)
胴中最上級部位用いた、カジキカツ膳です。
2018-09-07 16:48:00

北海道の地震、現地の方々の御状況を察し申し上げます。
不謹慎とは存じますが、お知らせです。

-----

明後日8日(土) 第13回スペシャルランチは、三芳の香味野菜をじっくり煮込む「鯨のスープカツカレー」です。是非お越しください。


なお、既にご存知の方も多いかと思いますが、土曜日のランチのスタンスは「昼酒も愉しい」です。


昼酒がうまいのは、都心の喧騒を離れた谷根千の醍醐味。静かな奥根津で、ゆったりとした時間の流れを楽しまれてみてはいかがでしょうか。


写真は北海道網走沖のミンク鯨の腰肉(無凍結)を、約5週間氷室で熟成させたものです。ねっとりとした旨味です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...